脱毛コラム

脱毛サロンでの勧誘を上手に断る方法とは

脱毛サロンの勧誘をブロック

勧誘を断る女性
お試しキャンペーンなどで利用したことがある方も多い脱毛サロンですが、キャンペーン体験のみだと思っていたはずが、サロンのスタッフの言葉にのせられて、ついつい断りきれなかったといった経験がある方も多いのではないでしょうか。そのため、お得なお試しキャンペーンなどを見ても、どうせキャンペーンだけで終わるわけではないからと、サロン自体に行くことが苦痛になっているという人も多いとされています。しかし、サロンの勧誘というのは、断り方さえ覚えておいたら、安心して利用することができるのです。

冷静な対処が重要

サロンの勧誘を断るためには、まずは冷静になることです。サロンに行って至れり尽くせりの施術を受けるととても心地よい気持ちになります。そのなかで勧誘をされてしまったら、断る以前に続けてみようと思う方が多く、自宅に帰って冷静になって後悔したという方も多いのです。そのため、まずは冷静になって考える時間が必要であることを伝えることが必要となります。

もしも勧誘をされてしまったら、まずは自宅に帰って家族に相談をすることを告げます。実際に相談するか否かは関係ありません。一度考えますだけだと、押したら契約してもらえるかもしれないという考えを相手に与えますので、何を言われても家族と相談しないとわからないということを告げると、お金を使う決定権がないと判断されて、それ以上の勧誘をされることはないと言えます。

産後のムダ毛処理について

産後のムダ毛処理について

出産後の女性
産後は、ホルモンバランスが変化するため肌が敏感な状態となります。

そのため、産後に脱毛施設に通って脱毛を受けても、肌が敏感なので光やレーザーによって脱毛効果を得るのが困難となります。

とはいえ、産後から半年経つとホルモンバランスが改善されるので、ホルモンバランスが落ち着いてからは脱毛施設で脱毛を受けても問題なくなります。

けれども、産後は男性ホルモンの割合が多い状態となるので、ムダ毛が生えるのが早いです。

なので、ムダ毛を処理するには電動シェーバーで自己処理を施すのが確実な方法となります。

なぜなら、産後に毛抜きや剃刀を使って自己処理を施すと、敏感な状態の肌を傷つけやすくなるからです。

肌の保湿を忘れずに

女性はホルモンバランスが変化すると、特にお腹やへその下の毛が濃くなります。

他にも、妊娠中は女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンにより、産後は体温が高まります。

よって、電動シェーバーを使ってムダ毛処理を施す際は、剃る前と剃った後に肌の保湿を忘れずに行うことが大切となります。

なぜなら、肌を保湿せずに電動シェーバーで剃ると肌荒れの原因に繋がりやすくなるからです。

ちなみに、プロゲステロンの分泌が多くなると毛が濃くなる傾向にあります。

よって、産後から時が経つにつれてプロゲステロンの分泌量が抑えられることで、ホルモンバランスが整う頃にはムダ毛が濃くならなくなります。

けれども、産後のムダ毛処理として、電動シェーバーは肌に負担を掛けずに行える自己処理としてお勧めとなります。

テープを使って脱毛すると埋没毛になりやすい

脱毛テープは埋没毛の原因!?

埋没毛について考える女性
最近の薬店では、脱毛に関する製品を色々販売しています。お店によっては、脱毛テープを販売している事もあるのです。いかにも脱毛効果が大きそうなので、それに関心を抱いている方々も多いです。

ところで脱毛テープには、埋没毛に関する大きなデメリットがあります。結論を申し上げると、埋没毛を予防したいと望むなら、そのテープは使用しない方が良いでしょう。肌に対する明らかな損傷に関わってくるからです。

よく言われる話なのですが、埋没毛は肌の損傷度と大きな関連性があります。やはり肌に多くの損傷が生じていると、体毛にも悪影響が生じやすいのです。

脱毛テープによる脱毛を控えるべき

脱毛テープは、残念ながら肌に対してそれなりのダメージを与えてしまう傾向はあります。テープを使うのも1回だけなら良いですが、何回かそれを使い続けていると、自然と皮膚の厚みが増してしまうのです。それで体毛が頭を出しづらい状態になり、埋没毛になってしまう事はよくあります。

どうすれば良いかと言うと、テープによる脱毛を控えるのが望ましいのです。明らかに肌に対して大きなダメージを与えているのですから、別の方法で体毛処理を行ってあげる方が、埋没しづらくなるでしょう。

おすすめは、脱毛サロンなどの手段です。サロンの場合は、肌に対するダメージも小さいですし、埋没毛も予防できると見込まれるからです。

ワキガになる原因と脱毛によってワキガが改善される理由について

ワキガになる原因

ワキガが気になる女性
ワキガになる原因とワキガの臭いがキツくなる原因は、主にアポクリン腺から出る汗とエクリン汗腺から出る汗が混じることが原因となります。

そのため、脇毛に雑菌が繁殖することになる上に、アポクリン腺から出る汗には細胞成分が多く混ざっています。

その上、アポクリン腺の汗には塩分が含まれてなく、脂質と糖質が多く含まれるので粘り気が強い汗となります。

なので、汗をあまりかかなくても汗が肌にこびりつくため、ワキガの臭いがキツくなります。

そのため、ワキガになると着ている服にも汗が付着するので、洗濯してもワキガの臭いが取れなくなることもあります。

脱毛でワキガを改善

ちなみに、ワキガにおいて脇毛が長いほど雑菌が繁殖しやすくなるので、脇毛を処理することはワキガを改善することに繋がります。

そのため、自己処理によって脇毛を剃ると脇毛を短くすることができるので、ワキガの臭いを抑えることができます。

とはいえ、自己処理では深い毛根を破壊できないので、脇毛が生えにくくなることはないのでワキガの臭いを長期的に改善することはできません。

よって、脇毛を処理しつつワキガを改善する場合は、クリニックやサロンに行って脱毛を受けるのがお勧めとなります。

脱毛を受けることで深い毛根を破壊できるので、ワキガを改善しつつ脇毛を生えにくくできます。

なので、クリニックやサロンに通う回数が増えるほどワキガの臭いを改善することが可能となります。

アンダーヘアを脱毛する時の2つの注意点

アンダーヘアの脱毛

アンダーヘアを脱毛するとデリケートゾーンの通気性が良くなるので清潔な状態に保ち続ける事が出来るようになります。特に生理中は臭いが発生しやすいのでアンダーヘアを脱毛しているとメリットになります。しかしアンダーヘアを脱毛する時は注意したい点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこでアンダーヘアを脱毛する時にどのような点の注意すればいいのか確認していきましょう。

施術当日は体調を整えておく

アンダーヘアを脱毛する時は脱毛サロンでVIO脱毛の施術を受ける事になります。脱毛サロンは光脱毛を採用しているので基本的には肌に負担がかかる事はありません。しかしデリケートゾーンは皮膚が薄いので体調不良の状態で施術を受けると肌トラブルが発生してしまう可能性があります。施術当日は体調をしっかり整えておくようにしましょう。

Iラインは痛みが出る事がある

ビキニラインのVライン、膣周辺のIライン、肛門周辺のOラインのアンダーヘアを脱毛していきますが、特にIラインの皮膚が薄いので光脱毛でも痛みが出てしまう可能性があります。人によっては痛みが強くなってしまう事もあるので注意が必要です。痛みを我慢していると肌トラブルが発生してしまう可能性もあるのでIラインの施術中に痛みが出たらすぐに担当のエステテシャンに伝えるようにしましょう。