ワキガになる原因と脱毛によってワキガが改善される理由について

ワキガになる原因

ワキガが気になる女性
ワキガになる原因とワキガの臭いがキツくなる原因は、主にアポクリン腺から出る汗とエクリン汗腺から出る汗が混じることが原因となります。

そのため、脇毛に雑菌が繁殖することになる上に、アポクリン腺から出る汗には細胞成分が多く混ざっています。

その上、アポクリン腺の汗には塩分が含まれてなく、脂質と糖質が多く含まれるので粘り気が強い汗となります。

なので、汗をあまりかかなくても汗が肌にこびりつくため、ワキガの臭いがキツくなります。

そのため、ワキガになると着ている服にも汗が付着するので、洗濯してもワキガの臭いが取れなくなることもあります。

脱毛でワキガを改善

ちなみに、ワキガにおいて脇毛が長いほど雑菌が繁殖しやすくなるので、脇毛を処理することはワキガを改善することに繋がります。

そのため、自己処理によって脇毛を剃ると脇毛を短くすることができるので、ワキガの臭いを抑えることができます。

とはいえ、自己処理では深い毛根を破壊できないので、脇毛が生えにくくなることはないのでワキガの臭いを長期的に改善することはできません。

よって、脇毛を処理しつつワキガを改善する場合は、クリニックやサロンに行って脱毛を受けるのがお勧めとなります。

脱毛を受けることで深い毛根を破壊できるので、ワキガを改善しつつ脇毛を生えにくくできます。

なので、クリニックやサロンに通う回数が増えるほどワキガの臭いを改善することが可能となります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*